全犬種、世界のブリーダーから、最高のワンちゃんが、あなたのところへやってきます。

STEP 1

犬の輸入のお申込み

●まず、メールかお電話で、輸入したい犬種、性別、毛色をお伝えください。。

●輸入したい国や犬舎が決まっている方は、教えてください。

●チャンピオン犬、成犬、子犬、すべて輸入可能です。

STEP 2

海外の犬舎に問い合わせます。

●輸入する犬舎が決まっていない方は、犬を輸入する犬舎を探しますが、犬舎を探し始める前に、予約金10万円をお願いいたします。予約金の入金を確認後、犬を輸入する犬舎を探し始めます。

●犬を輸入したい海外の犬舎が決まっている方は、その犬舎に問い合わせる前に、予約金10万円をお願いいたします。予約金の入金を確認後、犬舎に問合せを始めます。

●予約金入金後のキャンセルは、予約金をお返しできませんので、あらかじめご了承ください。

STEP 3

輸入する犬の確認とブリーダーへの送金

●両親犬と本犬の写真を電子メールで送り、血統もお伝えします。血統図がある場合は血統図も、電子メールで送らせていただきます。

●犬にご納得していただけましたら、輸入費用の予定総額をお知らせします。これは、為替によって変動しますし、空港までの交通費や、犬の医療費など、ブリーダーからの様々な追加料金の請求が発生する場合もありますので、あくまでおおよその金額です。

●輸入費用の予定総額に納得していただけましたら、その総額のやく半分の金額を、当犬舎の銀行口座にご送金ください。その中から、ブリーダーへの予約金を海外へ送金します。希(まれ)にですがブリーダーによりましては、最初に、犬の代金と輸送費の総額を送金しなければならない場合もあります。そのような場合は、輸入費用の予定総額の半分では足りない場合がありますので、輸入費用の予定総額を、当犬舎の銀行口座に。送金していただく場合があります。

★注意事項

●オーストラリア、ニュージーランド、ハワイ、フィージー諸島、アイスランド以外の国は、すべて狂犬病のある国です。

●狂犬病のある国からの犬に輸入は、2回の狂犬病予防注射、1回の血液検査、それから、血液検査を行った日を含めて、180日間の係留期間が必要です。

●そのすべてを行った後、日本に輸送することができます。(最短で7ヶ月必要です)

●狂犬病のない、オーストラリア、ニュージーランド、ハワイ、フィージー諸島、アイスランドからの犬の輸入は、肉体的に、航空輸送に耐えられる生後3ヶ月以上の犬は、すぐに日本に送ることができます。しかし、日本の動物検疫所への申請を40日前までに行わなければなりませんので、最短でも40日は必要です。

STEP 4

日本への犬の輸送

●日本に犬を輸送する2週間〜1ヶ月前になりますのと、輸送費を含めた全ての残金を、海外のブリーダーに送金します。

●ブリーダーへの送金が完了しますと、航空便の予約が行われて、日本に犬が到着する正確な日程がわかります。

STEP 5

日本に到着

●いよいよワンちゃんが日本に到着します。到着予定の国際空港に行くことができる方は、ご自分でワンちゃんの入国手続きをお願いします。手続きの方法は簡単です。こちらからお伝えします。

●国際空港にご自分で行くことができない方は、こちらですべての手続きを行い、最寄りの空港までワンちゃんを送らせていただきます。

SUB MENU

Sponsor

Sponsor